令和2年予備試験絶対合格!インプット・アウトプット(論文)講座

完全マンツーマンで合格を掴む論文対策講座
過去1,000人以上が受けた柏谷メソッドで
誰よりも早い再スタートを!

令和2年予備試験論文式合格を目指す方へ、
皆様の司法試験合格に柏谷がコミットする

柏谷 周希(かしわだに しゅうき)

平成20年第3回新司法試験に1回で上位合格(論文成績上位10%以内)後、平成23年より某老舗司法試験予備校にて予備試験・司法試験対策講座を担当。自らの経験と10年以上の講師経験によって編み出した柏谷メソッドは業界でも高い認知度を誇る。
過去1,000人以上の予備試験・司法試験対策に携わり、予備試験は第1回から対策講座を実施。
受講生に親身に寄り添う姿勢と熱心な指導方針によって、これまで多くの合格者を輩出。受験生から篤い支持を集めている。

柏谷メソッドで予備試験、
そして司法試験合格を果たした受講生の声

予備試験合格者の声

山田 聡さん(仮名)非法学部、予備試験合格

普通の予備校の講師と異なり、問題文の分析がとても丁寧です。問題文こそが出題者の聞きたいことが問われているのであり、そうした講義形式がとても気に入りました。
私は法学部ではなかったので、学説の対立などには興味はなく、どうすれば司法試験に受かるのかという視点で講義を展開される先生のもとで習いたいという気持ちがありました。
多くの先生方の講義は問題文を読んで、これはこの論点でしょうといった解説をされます。 それでは数学の問題を読んで、この公式をつかうと丸覚えするのと同じです。
数学で未知の問題が解けるようにするには、単に問題文と公式を一対一対応させるのではなく、なぜこの公式を使うのか、どのような条件で使うと便利な公式なのかという視点を普段からもって問題を解くことが大切です。 それは司法試験の問題にも言えます。
論点に対する理解を深めるのではなく、論点が出てきそうな場面から論点を「逆算」できるようにする。そうした学習は単に基本書を読むのでもなく、論証パターン集を英単語帳のように丸暗記していても身につかないものです。
試験では英単語そのもの、法律の言葉で置き換えるのであれば問題提起がそのまま書いていることは予備試験ではありません。司法試験は誘導が長い科目もありますが、そうした誘導として英単語そのものが書いてあることは期待すべきではありません。
柏谷先生は講義の中で未知の問題への対応力を何度も強調されておられました。
そういった意味で柏谷先生の授業は、問題文の分析が丁寧でしたので、この講座を取るほかないなという思いでした。

司法試験合格者の声

西川明奈さん(仮名)2018年予備試験合格 2019年司法試験合格

ロースクールに通うも、柏谷メソッドの論証パターンの暗記に頼らない方法にほれこみ一気に予備と司法試験合格を果たす 初回の司法試験受験で短答落ちし,基礎から勉強をし直したいと思い,受講を決めました。最終的には、予備試験を経て司法試験合格を果たしました。
司法試験対策を始めて受験してから最終合格に至るまで、私の知識量は一切増えていません。すべて柏谷先生のインプット講座で身に着けた知識のみで最終合格することができました。
合格に必要なことは知識量ではないことを柏谷先生はいつも強調しておられましたが、本当にその通りだったと感じています。論証を覚えろ、ということが一切ありません。持てる知識から思考できる範囲をできる限り広げることに一番重きを置かれているように感じました。必要となるコアな知識を利用して最大限の効果を得ること、それこそが法的思考力そのものであり、柏谷先生の講座ではそれを身に着けることができます。
そして、何より、柏谷先生が常に親身になって受験生に寄り添ってくれることが講座の最大の魅力であると思います。どんな些細な質問であっても、お忙しい仕事の合間を縫って対応してくださり、私自身も大変お世話になりました。この場を借りて、お礼を申し上げたいと思います。本当にありがとうございました。

他にも、柏谷メソッドで生まれた
実績多数!

  • 「論文で不合格」の常連から、
    受講しただけで上位合格
  • 受講前後で1000番以上の順位上昇

どんな人でも合格に導く 柏谷メソッド

「どんな人でも やり方さえ間違えなければ 合格できます」

特徴01論文式試験にも「解」がある。
逆算発想の論文対策

約10年に渡り、論文式の合格答案と不合格答案を見てきた柏谷が行き着いた、論文で押さえるべきエッセンスは「問題文をどう読むか」、そして「答案をどう書くか」、この2点に集約されます。本講座では、6ヶ月間、3ステップ+αで、この2つのスキルを徹底的に「論文合格者」仕様に仕上げていくことを目指していただきます。
3ステップとは、答案練習からの、解説視聴 → 自己答案の添削映像視聴 → 答案なぞり書き演習 であり、+αは、ライバルの書いた答案の添削映像とインプット講座の視聴です(インプット講座にはMP3音声によるDLサービスあり)。

具体的には何をするのですか?

特徴02 講師柏谷の「問題文の読み方」を
徹底的に自分のものにする

インプット講座でも繰り返しお伝えしてきたように、法的思考能力を身に付けるためには、柏谷の思考方法である講義内容を、最低3回聞いて、自分のものにする、というアプローチを取ってきました。
アウトプットである論文講座においても基本的な発想は同様です。
一般的に、司法試験・予備試験の論文対策として実施される答練(答案練習)の形式を取ることは通常と変わらないものの、同じ問題について柏谷がどのように「問題文を読んでいくか」、そのアプローチを撮影したものを映像でご覧いただきます。
柏谷の答案へのアプローチ、つまり①問題文の読み方及び②答案の書き方 を1科目90分の「解説動画」で実演します。
受講生の皆さんは、この問題文の読み方、答案の書き方を視聴することで合格者の法的思考を追体験することができるのです。
上記を実践するために、3年7科目の過去問を用いてトレーニングしていただきます(詳細は後述)

「答案の書き方」の方はどうですか?

特徴03より高い精度で書き方をトレースする
ための「答案なぞり書き演習」

「型から入る」、というのは、スポーツでも勉強でも非常に高い効果を発揮することは証明されています。思考方法を会得する場合にも、これが言えます。
名物柏谷講師が考案し、実践してきた「答案なぞり書き演習」の手法は、合格する答案そのものを、上からなぞり自分の手で書き上げることで、まさに思考方法を自分のものとして問題に取り組むことになります。

他にはなにか特徴はありますか?

特徴04講師柏谷が徹底的に
あなたの専属講師になります

今回の講座では、私が受講生全員の答案を添削し、その様子を撮影した動画を提供します。
人数に限りはありますが、だからこそ徹底して受講者の皆さんに尽くします。
これが一番の特徴であり、売りです。
予備試験対策で苦労してきたあなたにこそ合格してほしい、そのための思考方法を全て授けたい、というのが基本発想であるからこそ、受講生の答練は一つずつ添削し、フィードバックします。
更に、一歩進んで、思考方法に加え、柏谷講座の名物筆跡チェックも合格への切り札として、伝授致します。

合格者から寄せられた声

Voice 1

司法試験も試験である以上、対策が可能であり、柏谷先生の講座は司法試験対策としては最適です。
法律知識をいくら覚えても点数が上がらない、点数が伸び悩んでいる、そんな悩みを持っている方に是非受講していただきたいです。
(東京大学ロースクール・合格時27歳)

Voice 2

柏谷先生が受講生の相談に対して親身に相談に乗ってくださる先生であるということも、柏谷先生の講座の魅力だと思います。 司法試験の受験を考えている方がおられたら、是非柏谷先生の講座の受講を検討してみてください。
(東北大学ロースクール・合格時24歳)

Voice 3

周りに絶対に受からないと言われていた友人が,このコースを受講した年に合格したので興味を持ち受講することにしました。先生の指導にひたすらついていくだけで,気づいたら上位で合格を手にすることができました。
私のように,もはやどうしたら合格できるのかわからない,という方は是非柏谷先生の講義を受けてみてください。司法試験に合格するということは,決して難しいことではない,合格発表の頃にはそんな感想を抱くようになるかと思いますよ。
(立教大学ロースクール・合格時31歳)

「どんな人でも合格へ導く」
柏谷周希からのメッセージ

本年、予備試験の論文式合格を目指している皆様。
予備試験論文式を合格するためには、①問題文をどう読むか、②答案をどう書くか、という2つの視点が大事です。
そして、これらの前提として予備試験と司法試験の双方で求められる基本的知識の修得が不可欠です。
本講座は予備試験、司法試験の過去問や最新判例を分析して得られたインプットとそれを通じたアウトプットをセットにした講座です(教養科目は除きます。)。
インプットは約296時間ですが、このうち短答の解き方解説講義を除く約272時間のインプット講座を論文式までに最低2回は視聴していただきたいと思います(1週間で35時間視聴できれば、約2か月で1回は視聴できます。)。
そして、指定した3年分の予備試験論文式過去問を解いてください。私がすべて添削し、その様子を撮影した動画を皆様に提供します。
アウトプット講座では受講生全員の答案添削動画を視聴できますので、ライバルの答案がどのように評価されているのかを知ることができます。添削は匿名で行いますので安心してください。
また、講座の進捗報告や内容の質問も私が対応させていただきます。その関係もあり、受け持てる人数に限りがありますので、今回は追加の募集として募集人数を限らせていただきます。
時期的な関係もあり、予備試験短答式に合格経験のある方か、あるいは合格点-10点以内で不合格になってしまった方を対象とさせていただきます。
私の講座はハードですが、それに見合った成果が得られる講座ですので、興味をお持ちになった方はぜひご連絡ください。一緒に頑張っていきましょう!

これだけやればどんな人でも合格を勝ち取れる

司法試験・予備試験対策の柏谷メソッド

以下にあてはまるような方、柏谷へお問い合わせください

  • ただ知識を詰め込むのでは足りないことがわかった方
  • 自分には知識がないと思っている方
  • 知識があると思っていたのに落ちてしまった方
  • ロースクールの勉強だけでは司法試験には合格できないと思った方
  • 他の予備校・教材を利用してきたがもっと良い方法が無いか、新しい手法はないかさがしている方
  • 自分には才能が無いのではないか、と感じ始めている方
  • 暗記は得意、自分には思考法の訓練が欠けていると思う
  • 今度を最後の受験にしよう、と心に決めている方

本試験までの受講イメージ

令和元年予備試験・論文式不合格者の場合

  1. 3月〜4月
    アウトプット講座(1回目)
    答案練習(7科目) → 解説動画視聴→
    添削動画視聴
  2. 4月〜5月
    アウトプット講座(2回目)
    答案練習(7科目) → 解説動画視聴→
    添削動画視聴
  3. 5月17日

    予備試験・短答式本番!!

  4. 6月〜7月
    アウトプット講座(3回目)
    答案練習(7科目) → 解説動画視聴→
    添削動画視聴
  5. インプット講座主要7科目272時間を、7月の論文式試験
    までに1周視聴(できる人は2周)。

    ※インプット講座は1日5時間視聴いただければ約2か月で
    1周いただける分量になります。
    また、動画視聴サイトでは倍速再生での視聴も可能です。
    ※2.本講座受講生には、特典として月一回ペースでの
    特別ライブ講義を予定しています。

  6. 論文式試験まであとわずか!
    ラストスパート!!

    ※上記スケジュールはあくまで目安であり、答案提出状況によって予定が前後する場合もこざいます。

インプット講座

  1. 下記の講座動画を、当初立てた学修計画に従って視聴してください。
  2. 毎回の動画(45分~1時間前後)の後に、復習テストで理解度をチェックします。
  3. 質問があれば講師柏谷へメール、LINE等でご相談が可能です。
講座名 時間
憲法 28時間
行政法 29時間
民法 71時間
商法 32時間
民訴 33時間
刑法 40時間
刑訴 37時間
司法試験短答式解き方解説 約13時間
予備試験法律科目短答式解き方解説 約11時間
  計296時間

※講座受講生限定の特別講義の配信もあり
※時間は目安です。
※民法改正に対応しています。


アウトプット(論文)講座

  1. 公式の答案用紙をダウンロードしていただき、下記の各年度の問題について、通常よりも短い100分以内で問題 文を読み、かつ、手書きで答案を作成するようにしてください。
    100分での実施は途中答案対策です。ですので、必ず途中答案でも提出してください。
    途中答案大歓迎 です。
  2. 答案作成後、講師柏谷へ送付してください。
  3. 添削中に、まず解説講座をご視聴ください。
  4. その後、受講生別の添削動画をご視聴ください。
  5. 他の受講生の合格答案から学びを得られるような仕組みにしております。こちらもご活用ください。
  6. 質問や更なるアドバイスは、講師柏谷へのメール、LINE、電話、また面談等での個別相談が可能です。
第1回
答練
第2回
答練
第3回
答練
憲法 平成24年度 平成30年度 令和元年度
行政法 平成26年度 平成30年度 令和元年度
民法 平成25年度 平成29年度 令和元年度
商法 平成26年度 平成29年度 令和元年度
民訴 平成25年度 平成29年度 令和元年度
刑法 平成25年度 平成26年度 令和元年度
刑訴 平成25年度 平成26年度 令和元年度
民事実務基礎 平成27年度 平成29年度 令和元年度
刑事実務基礎 平成27年度 平成29年度 令和元年度

※民法改正に対応しています。
※受講開始時期に関わらず3カ年分の答練が講座内容となります。

インプット講座
+ アウトプット(論文)講座

60万円(税別)!

開始時の学修計画策定と答案シェア(受講者との答案共有による学び拡張)をプラスしていただくと限定10名に限り

55万円(税別)!

プライバシーポリシー

  1. 弁護士柏谷周希は,個人情報に関する法令等を遵守し,皆様からご提供いただいた個人情報(個人を特定できる情報)を,以下にあげるような指針に基づき,法令の範囲内でお取扱い致します。
    1. 個人情報は,厳重に管理・保管致します。
    2. 利用目的の達成に必要な範囲において他の事業者様へ個人情報を委託する場合がございます。
    3. 個人情報は,法令等による場合を除いて,ご本人の同意なしに第三者に開示することはありません。
    4. 個人情報は以下の目的でのみ使用いたします。
      1. 皆様からお申し込み又はお問い合わせのあった内容に関して行う皆様とのやりとり
      2. 皆様への講座の提供その他講座の提供のために行う皆様とのやりとり(契約書,教材,データなどの送付も含みます)
      3. ガイダンスその他各種イベント,関連事業などのご案内,お問い合わせ
      4. 個人を特定できない方法,形式による統計資料の作成
      5. アンケートのご依頼
  2. 個人情報の利用目的の通知,個人情報の開示・訂正・利用停止等(以下「訂正等」といいます。)を希望される場合は,各号記載のお問い合わせ先までご連絡下さい。訂正等の手続についてご案内致します。なお,訂正等に当たっては,ご本人であることを確認させて頂くことがございます。
    1. 電話:03-6440-0065(平日10時から18時まで。北参道法律事務所にかかりますので、ご用件をお伝えの上、柏谷をお呼び出しください)
    2. 電子メール:info@shihoushiken.biz

Cookieについて

  • 本サイトでは,Cookieを使用しております。
  • Cookieにはお客さまの氏名,年齢,電話番号,メールアドレス,住所等の個人情報は含まれておりません。
  • Cookieは以下の目的の為に使用致します。
    1. サイトの利用情報を収集・解析し,プロモーション及びマーケティング活動を効率的に行うため
    2. WEB広告の配信を行うため

特定商取引に関する法律に基づく表記

  1. 事業者の氏名・名称、住所、電話番号
    1. 氏名
      柏谷周希(かしわだにしゅうき)
    2. 住所
      東京都渋谷区千駄ヶ谷2丁目10番5号I.Bビル304号
    3. 電話番号
      03-6440-0065(平日10時から18時まで。北参道法律事務所にかかりますので、ご用件をお伝えの上、柏谷をお呼び出しください)
    4. FAX番号
      03-6440-0066
    5. 問い合わせメールアドレス
      info@shihoushiken.biz
    6. URL
      http://shihoushiken.biz/wp/inputoutput/
  2. 講座の受講料・受講料以外の必要代金
    1. 標準販売価格 66万円(税込)
      特別販売価格 60万5000円(税込)
      過去に柏谷のインプット講義を受講された方については、アウトプット講座のみのご案内もさせていただきますので、個別にお問い合わせください。
    2. 受講料以外の必要代金
      • 銀行振込でのお振込みの場合は、振込手数料はお申込者のご負担。講座に関わる各種資料等の送料は無料。
  3. お支払時期及びお支払い方法
    1. お支払時期
      お申し込み後、動画の視聴ページ等をご案内いたします。ご自身のパソコン・端末がご利用可能であるかをご自身で確認・検証の後、お支払いのほどお願いいたします。
    2. お支払い方法
      お支払いは、銀行振込み
      ※一括・分割等ご相談があれば事前にご相談ください。
      所定の以下の銀行口座にお振り込みをお願いします。
      振込先口座:銀行名:三菱UFJ銀行(銀行コード0005)
      支店名:渋谷明治通支店(支店番号(店番):470)
      口座種別:普通口座
      口座番号:3163648
      口座名義:北参道法律事務所 弁護士柏谷周希
      (キタサンドウホウリツジムショベンゴシカシワダニシュウキ)
    3. お支払期限
      お申し込みただいた後、14営業日以内にご自身のパソコン・端末による視聴等が可能であるかをご自身で確認・検証した上で、ご入金をお願いいたします。ご入金が確認できない場合には、お申し込みを一旦キャンセルされたものとさせていただきますのでご了承ください。
  4. 引渡し時期(講座の配信利用可能時期)
    講座申込み後、インプット講座の視聴方法をお伝えします。答案の添削動画は答案をご提出いただき後から撮影をし、その後に提供いたします。
    2020年の対策講座は2020年8月末日までが視聴期限となりますのでご注意下さい。なお、2021年の対策講座は2020年6月に実施予定であり、再受講の場合には割引を実施する予定です。
  5. 申込みの撤回、解除に関する事項
    講座利用可能開始後、8日間迄は受講生の方のご都合によるご受講の取りやめが可能です。問い合わせメールアドレスにご連絡ください。
  6. ご受講に必要な電子計算機の仕様及び性能その他の必要な条件
    動画の視聴ページ等をご案内しますので、ご自身のパソコン・端末で視聴等が可能かをお確かめ下さい。